カシー化粧品のこだわり。


こんにちは。エイジングケアサロンRayBruno岡崎です。

前回の記事の続きです。
カシー化粧品がつくるプラセンタ化粧品の中で
プラセンタエキスの濃度が一番高いのは50%です。

カシー化粧品がなぜプラセンタ100%の美容液をつくらないのでしょう。

★作らない理由1 <刺激の問題>
100%美容液をつくるためには防腐剤の量を増やす必要がある。
ということは、刺激増加になります。

★作らない理由2 <効果効能の問題>
プラセンタ原液の濃度を100%まであげても50%の場合と
効果効能は大きく変わらない。
効果が一定のところで頭打ちになるんです。

★作らない理由3 <感触・浸透性の問題>
感応の部分も考えている。

以上が理由です。
なるほど。
細かいところにまでこだわりを感じます。

ところで、プラセンタエキスには
馬と豚がありますが何か違いがあるのでしょうか??
では、その違いは次の記事で。

エステ 岡崎市 プラセンタ
エステサロン RayBruno
【 OPEN 】 9:00~24:00

【 定休日 】 不定休

【電話 】09038352593

【 お問合せ 】お問い合わせフォーム

【 HP】RayBruno HP

 

 

 

 

 

2018-06-21 | Posted in エステ, セミナー, 美容No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)